homeへ協会概要工法概要掘進機設備リンクサイトマップ
掘進機概要|標準仕様|急曲線仕様|カーブ推進|泥濃式排泥|送泥装置|LVS装置

 

曲線施工時の概要図

 

カーブ状態の掘進機

カーブ状態の掘進機

 

通常直線掘進の場合は修正ジャッキは全て同じ伸び量になっています。

上図のように片側の修正ジャッキを伸ばし、反対側を縮めることによって掘進機を弓なりに反らせ、その方向へ進んでいきます。

カーブが終了した時点でまた、左右の修正ジャッキの伸び量を同じにすると、また、掘進機が直線になり、追従する推進管も直線になります。

直線の場合でも、大きな石などがあると、掘進機の方向が微妙に変化します。

小さな小さな角度変化であっても、最終的な到達位置での差は大きなものになります。

そのため、常に測量を行いながら、修正ジャッキによって推進管の軌跡が直線になるように操作を行っています。

ベルスタモール掘進機は積極的に大きな量のオーバーカットを行うことにより急曲線推進中でも周囲の地山に接触せず、低推力推進が可能なのです。

 

施工現場例

施工後の管内

曲線推進管内

 

 

このページのトップへ戻る

ホーム  リンク  サイトマップ  お問い合わせ
CopyRight Verstmole Pipe Jacking Method Association All Righits Reserved