水盛りは、「ホースの中に入っている水の両端は同じ高さになる」原理を使った高さ測定方法です。

 水盛りホースは、中に気泡が入ると精度が悪くなるため、気泡を発見しやすいように透明ホースにしています。

 水盛りタンクは、立坑側に設置し、基準点との高さの差を見ながら、掘進機の高さを調べます。

 

下のボタンか、画像をクリックすると閉じます。